筑西市・桜川市でどこに行っても良くならない首こりでお悩みの方へ

query_builder 2020/08/07
ブログ
首こりを知ろう
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

1.首こりのマメ知識
2.首こりとは
3.首こりの原因
4.危険な首こりの対処法
5.気になる場合は、専門家に相談を

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
   

1.首こりのマメ知識  







●首こりには整形疾患を伴うもの、その他の疾患を伴うものがある  
●手の痺れ、脱力、力が入らないなどの症状がある時は医療機関へ  
●首こりでお悩みの方は専門家で相談


2.首こりとは 
『首こり』は、疾患(病気)の名前ではなく、首を主とした『痛み』や『はり』などの不快感といった症状の総称です。 首こりに関連する筋肉は、首の後ろから肩、背中にかけて張っている僧帽筋、頭半棘筋、頭・頚板状筋、肩甲挙筋、棘上筋、小菱形筋、大菱形筋、後頭下筋群が挙げられています。


図;公益社団法人 日本整形外科学会  


この首こりで気をつけるべき筋肉は「後頭下筋群」です。  



図 後頭下筋群

3.首こりの原因 

首や背中が緊張するような姿勢での作業、姿勢の良くない人(猫背・前かがみ)、運動不足、精神的なストレス、ついついスマホを使い過ぎてしまう“スマホ首” 、連続して長時間同じ姿勢をとること、ショルダーバックを使っている、冷やしすぎなどにより、後頚部(首の後ろ)にある筋肉の過緊張が関係すると考えられています。


▶︎すぐ治療が必要な首こり

① 頚性神経筋症候群 
頚性神経筋症候群は、東京脳神経センター・脳神経外科医の松井孝嘉先生によって提唱された症候群です。頭痛、めまい、肩こり、自律神経失調症状(慢性疲労感、動悸、微熱、体がだるい、やる気が出ない、不眠、うつ状態)など症状が多岐にわたります。

② 頸椎症・後縦靭帯骨化症 
椎間板や椎骨が変形して神経を圧迫するのが頸椎症です。 縦靭帯骨化症は、一つ一つブロックになっている椎骨を後ろ側からつないでいる柔らかいテープ状の組織「後縦靭帯」が硬く大きくなって、神経を圧迫する病気です。どちらも加齢の影響が大きい 病気で、首や肩の痛み、手のしびれ   の原因です。病状が軽ければ首こりだけのこともあります。    
                   
  

図;公益社団法人 日本整形外科学会


4.危険な首こりの対処法 <セルフチェック> 
 
✔︎運動したとき(例えば階段を上るとき)に首が痛む  
✔︎手のしびれや麻痺を伴う  
✔︎首や肩を動かしていないのに痛む  
✔︎徐々に症状がひどくなる
上記に1つでもあてはまれば、原因疾患がある可能性が高いと考えて医療機関に受診しましょう。


5.気になる場合は、専門家に相談を 
首こりでお悩みの方は、ヘルスケアエイドまでご相談ください。 ヘルスケアエイド筑西では、医療現場で理学療法士として働いていたスタッフがあなたのお悩みを解決へ導きます。 ヘルスケアエイド筑西のセンター長は、国内屈指の整形外科病院が有する『慢性疼痛センター』で大学病院と慢性疼痛改善プログラムを開発しました。現在まで慢性疼痛を抱える 10,000人以上の患者のお悩みを解決してきた慢性疼痛の専門家です。 首こりでお悩みの方は、ぜひ、ヘルスケアエイドまでご相談ください。

⬛︎ヘルスケアエイド筑西

茨城県筑西市丙360 筑西市役所内1階チャレンジショップ
電話予約:070-4389-7905
(日・祝日休み   受付時間9:00〜19:00)  
LINE ID :@063iilgg
※ただいま大変多くのお客様からご予約頂いております。  
ご希望の日時を確保するためのお早めのご相談をおすすめいたします!  


<投稿者> 菊池敏弘(きくちとしひろ) 理学療法士、医科学修士 茨城県筑西市出身。筑波大学大学院人間総合科学研究科フロンティア医科学卒業。現在は、筑波大学発ベンチャー 株式会社ヘルスケアエイドの代表を務める。

NEW

  • 筑西や桜川市で『猫背』にお悩みの方はヘルスケアエイドで姿勢矯正!

    query_builder 2020/10/22
  • 10/19今週の店舗情報

    query_builder 2020/10/19
  • 忙しいあなたにはLINE予約がオススメ♪

    query_builder 2020/10/15
  • 10/12今週の店舗情報

    query_builder 2020/10/12
  • どこに行っても良くならない姿勢の歪みでお悩みの方へ

    query_builder 2020/10/08

CATEGORY

ARCHIVE